黒酢 効能

MENU

34歳 適度な運動をすること。それとしっかり栄養を摂ること

「酢好きに医者いらず」と言われるぐらいなのでお酢は身体にいいものっという認識があります。

 

食欲がない時には食べ物をさっぱりと食べやすくしてくれるので、夏場なのでもサラッと食べることができます。

 

またお酢は疲れている身体には疲れを取ってくれます。

 

疲れている時に食べると同じ物を食べても酸っぱく感じたりするので、自分の身体のバロメーターにもしています。

 

ただのお酢ではなく「黒酢」という点においても栄養素が高くなっていると思います。

 

アミノ酸がたくさん含まれていますが、普通のお酢よりも酸っぱくなく口にしやすい印象があります。

 

なので、お料理に使うことももちろんあるかと思いますが、「黒酢」の場合はそのまま飲んだりしやすいのではないでしょうか?

 

お水で薄めたり、炭酸水で割ったりすると気軽にお酢をとることができます。

 

そのことで、「黒酢」がもっと身近になりますし、身体によいものが簡単に摂りやすくなります。

 

出来れば積極的に取り入れたい食品です。

黒酢と黒豆が同時にとれる数少ない食品

「黒酢」と「黒豆」が同時にとれる魅力的な食品に感じます。

 

「黒豆」も身体にいい食品であるという認識がありますし、豆は毎日の食事に取り入れたいものの1つです。

 

しかし、なかなか取り入れることができないものです。

 

「黒豆」は栄養価の高い食品です。
毎日食べられたらかなりの栄養が摂取出来ます。

 

「黒酢」としてお酢を飲むことかもでき、「黒豆」としても食べられるなんて最高に思います。

 

毎日の食事の中に取り入れるのももちろんですが、小腹が空いたときにおやつとして食べられそうです。

 

食前に食べるようにすれば、お酢の酸味や豆の満足感で食欲を抑えることもできそうです。

 

誰にでも食べれやすいように、はちみつやりんご果汁が入っているので子供から大人まで食べられそうです。

 

ただ、毎日食べられるものでぜひ食べたいものでありますが、お値段がもう少し安いと嬉しいかなぁとも思います。

 

食材にもこだわって身体にいいものだけで作られているのはよく分かるので、お値段が高くなるのは分かりますがお安いともっと嬉しいです。